労災病院の診療科目

総合病院ならではの多診療科目

労災病院は様々な診療科目を持つ総合病院です。その診療科目は非常に多く、ざっとあげただけでも20から25科目の科が存在します。

一般的に最も親しみやすい診療科目と言えば内科や外科ですが、内科にしても消化器内科・呼吸器内科・腎臓内科・代謝内科・心療内科・糖尿病内分泌内科・腫瘍血液内科・神経内科と、きめ細かく診療科が細分化されており、外科も消化器外科・乳腺外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・呼吸器外科など、とても多くの診療科目が存在します。

それら以外にも小児科や循環器科、精神科、産婦人科、泌尿器科、耳鼻咽頭科、眼科、歯科口腔外科、皮膚科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科など、その診療科目は多岐に渡ります。


日本全国の労災病院に、先ほどあげた全ての診療科目が揃っているわけではありませんが、労災病院の特徴の一つに多診療科目があげられるのは明らかです。そこで労災病院への転職を考える時にはそれまでの勤め先が、内科や外科、皮膚科等だけの専門医院であった場合は、それまで接したことのない診療科目に配属されることもあることも考えておきましょう。


転職時はある程度の診療科目を考慮してくれるかもしれませんが、入職して年を経るごとに、新たな診療科目の看護職員として働く可能性もあります。そのあたりも考慮に入れておきましょう。小児科や眼科など特定の診療科目の看護職員としてその道一筋に働き、確実にキャリアアップを図るか、それともより多くの診療科目を経験し、スキルアップやキャリアアップを目指すかは一人一人の看護師の皆さんの考え方次第です。


部署や部門することができるのか、どうしたら希望する部署や部門に配属先が決まるのかは、転職活動のやり方しだいです。あなたが希望している働き方で働けるように手厚く転職活動をサポートする転職支援サービスを利用しましょう。

1位
マイナビ看護師
マイナビ看護師

やっぱりマイナビ♪のフレーズで馴染み深い日本最大求人の看護師求人サイト!信頼性から選ばれている転職に欠かせないサイト
利用者満足度96.3%!マイナビ看護師を利用した看護師のほとんどが、利用してよかったとアンケートに回答しています。利用者満足度が高い理由は、マイナビ看護師のコンサルタントの質が高いから。働きたい病院が見つかっても、面接で不採用になる可能性がありますが、マイナビ看護師のコンサルタントは、目から鱗のアドバイスしています。緊張しないように何度も練習できたり、面接に限らずあなたが採用されるまで、親身にサポートしてくれます。

会社名株式会社マイナビ
上場/非上場非上場
Pマーク取得済
お祝い金の詳細-

マイナビ看護師
2位
看護のお仕事
看護のお仕事

希望する労災病院の職場の人間関係や労働環境等、あなたが知りたい情報を惜しまず提供!転職相談に乗ってくれる無理な転職を勧めてこないので安心して利用可能!
転職サポートの質で選ぶなら看護のお仕事を選んで間違いなし!20代~30代の看護師に人気が高く、転職条件の交渉からあなたが気になっている労災病院の労働環境から職場の人間関係まで、細かく調べて教えてくれます。希望を叶える転職に近づけるような手厚いサポートで利用者の満足度が高いところも◎。看護のお仕事に登録するだけで、労災病院だけでなく、あなたにピッタリな他病院の求人も合わせて紹介してくれます。

会社名レバレジーズ株式会社
上場/非上場非上場
Pマーク取得済
お祝い金の詳細最大12万円

看護のお仕事
3位
ナース人材バンク
ナース人材バンク

詳しく知りたい労災病院の職場の環境を教えてくれるだけでなく、勤務時間や年収等をヒアリングして交渉までしてくれる!
1分弱で完了する無料会員登録するだけで、あなたが想像してる転職ができるように手厚くサポートしてくれます。看護師紹介実績No1のナース人材バンクだからできる心強い転職支援は、全国の看護師から頼られるほど。今と比べて労災病院で働くべきか、働けるのか判断しやすいように、労災病院の職場の内部事情まで教えてくれるから、納得できるまでじっくり転職を検討できます。登録後はあなた専任のコンサルタントが対応するので安心して、ご相談ください。

会社名株式会社エス・エム・エス
上場/非上場マザーズ上場
Pマーク取得済
お祝い金の詳細-

ナース人材バンク

労災病院ならではの専門的な診療科目

内科や外科、皮膚科などは一般的な総合病院でも見られる診療科目ですが、中には勤労者の健康を守るための病院として、特に設置されている診療科目があります。それがアスベスト疾患ブロックセンターや振動障害センター、働く女性メディカルセンター、勤労者メンタルヘルスセンターなどです。

特にアスベスト疾患ブロックセンターは、アスベストに関わる仕事をされていた方の健康診断を行い、アスベスト疾患かどうかの診断、治療、症例収集などを行っています。アスベスト関連疾患(石綿肺がんや石綿肺)は労災である可能性が非常に高く、病の原因が仕事にあり、労災疾患であると間違いなく判断される場合には労災診療の手続きを行います。

この場合、治療にかかる費用は全額公費負担となり、治療を行う上での医療費の負担は患者さんには発生しません。アスベストが原因で起こる疾病は、退職後長期間経ってから発病することもあり、より専門的で高度な医療知識や経験が必要となります。

また将来アスベスト疾患が心配される方については、石綿健康管理手帳による長期の観察(健康診断)が必要になります。振動障害センターは林業従事者の巡回検診や振動障害の診断業務、治療の開発などを行っていますが、この振動障害センターは限られた労災病院にしか設置されていません。

勤労者メンタルヘルスセンターでは、仕事や仕事上の人間関係に起因するうつ病などの心の問題や病を治療するために、診察やカウンセリングを行います。


労災病院の診療科目は多く、病院の規模にもよりますが一つの病院で多くの疾病に対応できる点が非常に有利で便利です。さらに患者の待ち時間を短縮するための情報化を進めているため、患者の貴重な時間を無駄にすることなく、質の高い医療が提供できます。


希望する労災病院の職場の人間関係や労働環境等、あなたが知りたい情報を惜しまず提供!転職相談に乗ってくれる無理な転職を勧めてこないので安心して利用可能! >>>