労災病院の看護師求人

労災病院の看護師求人情報を調べている方は、看護師紹介会社に求人情報を紹介してもらいましょう。労災病院で働いていたことがある看護師の口コミなどの情報を元に、実際に働かないとわからない人間関係や職場の雰囲気等を教えてくれます

また、給与や入職日の交渉も行ってくれたり、面接対策や応募書類の作成も代行してくれます。非常に便利な転職支援サービスを利用し、働きたい労災病院で働きましょう!

1位
マイナビ看護師
マイナビ看護師
利用者満足度96.3%!マイナビ看護師を利用した看護師のほとんどが、利用してよかったとアンケートに回答しています。
利用者満足度が高い理由は、マイナビ看護師のコンサルタントの質が高いから。働きたい病院が見つかっても、面接で不採用になる可能性がありますが、マイナビ看護師のコンサルタントは、目から鱗のアドバイスしています。緊張しないように何度も練習できたり、面接に限らずあなたが採用されるまで、親身にサポートしてくれます。
対応地域全国
内部情報量★★★★★
転職サポート力★★★★★
面接対策★★★★★
履歴書対策★★★★★
コンサルタントの質★★★★★

マイナビ看護師
2位
ナース人材バンク
ナース人材バンク
1分弱で完了する無料会員登録するだけで、あなたが想像してる転職ができるように手厚くサポートしてくれます。
看護師紹介実績No1のナース人材バンクだからできる心強い転職支援は、全国の看護師から頼られるほど。今と比べて労災病院で働くべきか、働けるのか判断しやすいように、労災病院の職場の内部事情まで教えてくれるから、納得できるまでじっくり転職を検討できます。登録後はあなた専任のコンサルタントが対応するので安心して、ご相談ください。
対応地域全国
内部情報量★★★★★
転職サポート★★★★☆
面接対策★★★★★
履歴書対策★★★★★
コンサルタントの質★★★★☆

ナース人材バンク
3位
看護のお仕事
看護のお仕事
転職サポートの質で選ぶなら看護のお仕事を選んで間違いなし!
20代~30代の看護師に人気が高く、転職条件の交渉からあなたが気になっている労災病院の労働環境から職場の人間関係まで、細かく調べて教えてくれます。希望を叶える転職に近づけるような手厚いサポートで利用者の満足度が高いところも◎。看護のお仕事に登録するだけで、労災病院だけでなく、あなたにピッタリな他病院の求人も合わせて紹介してくれます。
対応地域全国
内部情報量★★★★☆
転職サポート★★★★★
面接対策★★★★☆
履歴書対策★★★★☆
コンサルタントの質★★★★★

看護のお仕事

労災病院とは?

労災病院と聞くと、あまり馴染みのない方には「労働災害に遭った人しか行けないの?」「勤労者以外の人は受診できないの?」と疑問に思うかもしれませんね。労災病院は日本全国に32か所存在し、その運営や委託を行っているのは独立行政法人労働者健康福祉機構です。ではなぜ、病院名が「労災病院」なのでしょうか?


労災病院の歴史

労災病院の設立された当初は、当時の労働省が開設しましたが、開設してから約半年後にこれらの労災病院の運営を、財団法人労災協会に委託しました。そのため「労災病院」という名称がつけられたのです。

ところが運営団体が変わっても設立当初の名称がそのまま残ったまま。現在「労災病院」を運営・委託している団体は「労働者健康福祉病院」ですから、運営団体の名前に病院名が変更されれば「労働者健康福祉病院」または「健康福祉病院」などという名称で呼ばれてもおかしくはないはずです。けれども病院の名称がそのまま「労災病院」として残っているのです。ですから労災病院に馴染みのない方が病院名を見ると労災専門病院と勘違いしても仕方がないかもしれません。

労災病院は一般的な総合病院と同じで、労災以外の患者さんももちろん受診できます。総合病院ですから診療科目はひとつではありません。ひとつの病院で15から20もの診療科目があります。診療科目の多さもさることながら、病院内に関連する施設が併設されている場合もあるため、労災病院全体をトータルでみるととても規模の大きな医療機関と言えます。


労災病院は、労災指定病院

労災病院は全国32か所に展開されており、総病棟数は約13000床、病院全体で働く医師や看護婦などのスタッフは総勢14000名規模の大きさです。

病院にはMRIやガンマナイフなどの最新の医療機器が設置されており、ICU(重症患者集中治療室)も備わっています。全ての労災病院が認定されていませんが、32か所の労災病院のうち22か所が「労災指定病院」となっています。


労災指定病院の意味

では、労災指定病院とは一体何でしょうか?

通勤中や就業中に負傷したり、就業中の作業が原因で病気になれば「労働災害(労災)」となります。その場合は一般的な健康保険が適用できませんが、通勤中・就業中に負った怪我や病気などのケースでは、労災保険が適用されます。労災保険は100パーセント国が治療費を支払いますので、怪我や病気をされた方に費用負担は発生しません。


例えば、就業中に怪我を負い労災指定病院に駆け込み、「就業中の事故で負傷しました」と申告すれば患者さんの窓口での負担はゼロですが労災指定されていない病院で治療を受けると、窓口では一旦満額の治療費を支払い、後にかかった治療費を全額支給してもらうというプロセスが必要となります。労災指定病院では、患者さんが窓口で一旦お金を支払う必要がない、という点で患者さんへの負担が少ないのです。


まずは、人気の看護師転職サイトで労災病院の待遇や職場の雰囲気をチェック!

転職サポートが充実しており、職場の内部情報まで調べている人気の看護師転職サイトは、ナース人材バンクマイナビ看護師です。マイナビ看護師は利用者満足度96.3%と高いので、まずはマイナビ看護師に無料会員登録を行いましょう。→ 無料会員登録はこちら


全国に展開する労災病院ですが、その名称から、中には「労災関連のケガや病気でなければ受診できないのではないか?」と思う方もいます。労災病院で働くと、そのような質問を受けることもあるでしょう。また、労災病院で働くことを検討しているのであれば、病院の歴史を知っておく事は、今後労災病院への面接の時や、入職後も何かと役立つ知識となります。


希望する労災病院の職場の人間関係や労働環境等、あなたが知りたい情報を惜しまず提供!転職相談に乗ってくれる無理な転職を勧めてこないので安心して利用可能! >>>